JUGEMテーマ:健康

今日のテーマは「腰部脊柱管狭窄症」です。
基礎編1からスタートしたこのシリーズ、この辺りから少し専門的になってきますが、
分かりやすい解説を心掛けたいと思います。

まず最初に聞きなれない「脊柱管」という言葉ですが、人間には首から腰の一番下まで、「脊柱」という長い骨が入っています。いわゆる背骨のことですね。これは一本の長い骨ではなく、24個の脊椎というブロック形の骨が連なって形成されています。
なぜこのような仕組みになっているか、それは人間が自由に動くためです。一本の長い骨では、首を動かしたり、背中を反らしたり、腰を曲げたりという動作が出来ません。神様は上手にそんな仕組みを作ってくれました。

さらに、この脊柱の役割はもう一つ、24個の背骨の中には実空洞になっている部分があり、そこに「脊髄」という大切なものを入れて保護しているという役割があります。
この脊髄は、脳の一部といってもいいでしょう。頭の中にある脳がそのまま首-背中-腰まで伸びているのです。この脳から下の部分を脊髄というのです。より詳しくいうと、首の部分の脊髄は頚髄、背中の脊髄は胸髄、腰の脊髄は腰髄といいます。

そしてこの脊髄を縦に収納している管状のスペースを「脊柱管」といいます。

この脊柱管というスペースが何らかの原因によって狭くなっている、狭められている状態を広義の意味で「脊柱管狭窄症」といいます。
あくまでこれもまた「総称名」であり、特定の原因を指す名称ではありませんので、脊柱管狭窄症が結論ではなく、「〇〇による脊柱管狭窄症」ということになります。
では、脊柱管狭窄の原因にはどんなものがあるのでしょうか。代表的なものを紹介したいと思います。

々椎変形・骨棘による脊柱管狭窄
 →加齢・ケガの後遺症などによる腰骨の変形による狭窄
  ※骨棘とは骨の変形によって生じるものです

腰部靭帯骨化症による脊柱管狭窄
 →脊柱管のすぐ傍にある靭帯が骨のように変化する障害による狭窄

9部椎間板ヘルニアによる脊柱管狭窄
 →椎間板のヘルニアが脊柱管まで侵入するほどの重症例

す椎分離すべり症(変性すべり症を含む)による脊柱管狭窄
 →腰骨の一部の部分骨折をきっかけに腰骨が前方に移動することによる狭窄
  ※変性すべり症:椎間板変性によって腰骨の部分骨折がなくても前方移動が起こる場合

以上が臨床例の多い代表的な原因となります。

さらに、腰部脊柱管狭窄症の主な症状と傾向を紹介します。
まず自覚症状としては足の痛み、痺れと歩行困難です。
歩行困難は特徴があり、歩いては休み、休むとまた少し歩ける、そしてまた休むということを繰り返す、
「間欠性跛行」という歩行状態が特徴的です。
さらに肛門・会陰周囲の火照りや熱感、尿の出が悪くなる、逆に尿漏れを起こす場合もあります。
動作としては腰を後ろに反らすことで腰や足に痺れや痛みが出現、増強するすることが多いとされていますが、
狭窄状態によっては一概に判断することはできません。
加えて間欠性跛行は、閉塞性動脈硬化症のような血管の病気でも出現することがある為、専門的な検査が必須です。

これもまた、前項で紹介しましたが医師の判断により手術は行われず、かといって治療法があるわけでもないという、
困窮した状況におかれている患者さんが大勢いらっしゃいます。

セカンドオピニオンのひとつとして、またそんな状況から抜け出す為にも、信頼できる正規のカイロプラクターにご相談ください。我々は脊椎の専門家として、脊柱管狭窄症を熟知しています。

次回予告:腰痛の見極め方 中級編5「腰椎分離症、分離すべり症について」

T.ISHIKAWA

富山県富山市の国際基準取得カイロプラクティック・整体は石川カイロプラクティック

 
コメント
コメントする