JUGEMテーマ:健康

今日のテーマは「胸郭出口症候群」です。聞きなれない名前かもしれませんが、肩こりやそれに伴う腕の痛みやシビレの原因として、
非常に多い状態の一つです。特にパソコンやスマートフォンが普及してから、この胸郭出口症候群に悩まされる方は急増したのではないかと思います。胸郭出口という言葉が難しい表現ですが、首の前側(喉の横)から鎖骨あたりを総称して胸郭出口と呼びます。
ようはこの領域でのトラブルが肩こりや頭痛と深い関係にあるのです。

まず、胸郭出口症候群には大きく3つの種類があります。(※頚肋は扱いません)
言葉が難しいですが、シンプルにご紹介します。

ー亞儷攵標群:首の前側(喉の横)にある斜角筋という筋肉が腕と手の神経を圧迫している状態です
⊂胸筋症候群:胸の奥にある小胸筋という筋肉が腕と手の神経を圧迫している状態です
O昇疹標群:鎖骨もしくは肋骨が腕と手の神経を圧迫している状態です

以上3つの種類がありますが、いずれも胸郭出口での何らかの原因によって腕と手の神経圧迫が起こるという状態なのです。
では、この胸郭出口症候群が肩こり・頭痛とどう関係するのでしょうか。

多くのケースでは肩こりが慢性化したり対策をしないで放置していると、胸郭出口症候群になってしまうことが多いのです。
肩こりの状態はお一人お一人によって千差万別ですが、中でも前述した斜角筋や小胸筋、鎖骨や肋骨に問題が生じていると、
またそれが慢性化すると、それらが腕と手の神経を圧迫し始めてしまうのです。典型的な症状は酷い肩こり・腕や手の痛みや痺れ・慢性頭痛・背中の痛みや重苦感です。胸郭出口症候群はその症状から頚椎ヘルニアや頚椎の変形と誤診されやすい特徴があり、適切な治療を受けるまでに時間のかかる場合が少なくありません。また胸郭出口症候群の症状は普段の日常生活に支障をきたし、仕事も思う通りにできなくなることもあります。
肩こりを放置することはよくありません。コリをほぐすのではなくその原因を探して改善するのがカイロプラクティック治療です。

T.ISHIKAWA

富山県富山市の国際基準取得カイロプラクティック・整体は石川カイロプラクティック

次回予告:頭痛・肩こりの見極め方 上級編1 「眼精疲労から起こる肩こりと頭痛」
 
コメント
コメントする