JUGEMテーマ:健康

今日の筋肉を考えるシリーズは側頭筋です。
前項でご紹介した咬筋と同じく口を閉じるために主に働く筋肉の代表格です。



側頭筋はその名の通り頭の側頭部に位置する筋肉で、側頭骨との関わりの深い筋肉となっています。
側頭骨には乳様突起という場所から胸鎖乳突筋、頭板状筋、頭最長筋、顎二腹筋が付着しており、
首の筋肉との関係を密接に持っていると言えます。
「首の歪みから顎関節症になる」というのは、このような筋肉の関与がその一部として考えられるのですね。
多くの人は食べ物を咀嚼する時に、「利き手」ならぬ「利き顎」があり、いつも左右どちらかの奥歯で食べ物を咬むというクセがあるようです。すると、咬む為に働く代表格の側頭筋に左右差が現れ、顎の異常や二次的な頭痛ひいては頚の痛みや肩こりを合併することが少なくないようです。

写真のようにご自身の側頭部に指を並べて置き、奥歯でものを咬むように顎を動かしてみてください。
多くの場合、利き顎の方の側頭筋の収縮が強く感じられると思います。より強く筋肉が盛り上がってくるような感覚です。
この左右差が著しい場合は、この左右差のおかげで左右の口の顎の開き具合に違いが生じていたり、しつこい肩こりが潜んでいる場合があります。すべてのケースにおいて該当するわけではありませんが、多くの患者様に認められることの多い現象であることも現実です。

側頭筋はこれらの現象の中で多くのストレスを受けていたり、筋線維が傷んでいたり過緊張してしまうのです。
このようなダメージが過度に進行したり、慢性化すると、側頭筋から痛みが広がって頭痛がしたり、時として虫歯と間違えてしまうような歯の痛みを生じる場合があります。

「顎関節は重要な運動器のひとつ」として、カイロプラクティックの領域で様々な評価方法と治療形態が進歩しています。
中でも長年マウスピースによる治療を受け続けている方や、慢性的な頭痛に悩まされている方には重要な治療ポイントになるでしょう。

T.ISHIKAWA

次回予告:筋肉を考える 肩の筋肉1 大胸筋を考える

富山県富山市の国際基準取得カイロプラクティック・整体は石川カイロプラクティック
 
コメント
コメントする