JUGEMテーマ:健康

腰痛に伴い、殿部や足にビリビリとした痛い痺れが出現することがあります。
これを通称「坐骨神経痛」と呼びます。

ここで解説したいのは、基礎編1で紹介したようにぎっくり腰にも色々な原因による種類があったように、
坐骨神経痛にも原因によっていくつかの種類があります。

続いて、様々な坐骨神経痛を理解するために坐骨神経がどんなところにあるのかを紹介します。
坐骨神経は、腰骨をスタートとして、足の指先を目指して電気の配線のように繋がっています。
簡単に例えると、脳から「足を動かせ」という命令が出ると、その命令情報が脳から背骨の中を通って、腰骨のところまで辿りつき、その次に腰骨から足先へ坐骨神経という電線を通って命令が伝えられて、足の筋肉が「わかりました」と足を動かすわけです。

しかし、この電線のどこかでトラブルが起こっていると、電線からビリビリと火花が飛ぶように、痺れるような痛みが出現してしますのです。このトラブルが坐骨神経で起こった状態を「坐骨神経痛」といいます。

坐骨神経は腰と足をつなぐ神経の代表格で、主に足の後側全体の筋肉に電線を供給しているのですが、他にも足の前側全体の筋肉に電線を供給している大腿神経というもう一つの代表格が存在します。もしも坐骨神経痛と同じようなトラブルが大腿神経に生じた場合、それを「大腿神経痛」といいます。
※大腿神経痛も少なくありませんが、坐骨神経痛に悩まさせる方の方が統計上多い傾向にあります。

では具体的にどんな原因による坐骨神経痛があるのか、代表的なものを紹介します。
々部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛
 ⇒腰の脊髄が圧迫されて起こる

腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛
 ⇒腰の軟骨(椎間板)が飛び出して坐骨神経を圧迫・干渉することで起こる

9部椎間孔狭窄による坐骨神経痛
 ⇒腰骨から坐骨神経が出てくる穴が狭まって圧迫することで起こる

す仙管症候群による坐骨神経痛
 ⇒腰骨と骨盤をつなぐ靭帯が形成している坐骨神経の通り道が狭まって圧迫・干渉することで起こる

ネ状筋絞扼障害による坐骨神経痛
 ⇒お尻の筋肉が坐骨神経を圧迫・干渉することで起こる

ζ眤Τ安Ε魯爛好肇螢鵐姐勉による坐骨神経痛
太ももの後側で隣り合あう筋肉が坐骨神経を挟み合って起こる

膝窩筋絞扼障害による坐骨神経痛
膝の後ろ側にある筋肉が坐骨神経を圧迫・干渉することで起こる

以上が坐骨神経痛の原因となる代表的なものです。
これもまた、自己判断で誤った処置をすると危険です。

さらに、一重に坐骨神経痛といっても以下のような状態では深刻な状態が予想されます。
・坐骨神経痛が両足に出現している
・坐骨神経痛の為にまともに寝ることができない、もしくは痛みで目が覚める
・足の感覚がない
・足の力が入らない、もしくは入りづらい感じがする
・短い距離でも歩くことが困難

そして何よりも、基礎編1で紹介したのと同様、
坐骨神経痛とは別に感じている体調の変化や症状の出現があったり、
「いつもと違う感覚」があるときは、速やかに適切な医療機関もしくは担当するカイロプラクターにご相談ください。

次回予告:腰痛の見極め方 基礎編3「自発痛と動作時痛」

T.ISHIKAWA

富山県富山市の国際基準取得カイロプラクティック・整体は石川カイロプラクティック
 
コメント
コメントする