JUGEMテーマ:健康

今日のテーマは「ファセットシンドローム」についてです。日本語で「椎間関節症候群」といいます。
椎間関節は頚椎・胸椎・腰椎のすべてに存在している、脊椎と脊椎のつなぎ目を指します。
この障害は、何らかの要因で椎間関節に強い衝撃が加わって圧迫されたり、強い回旋力が加わることで椎間関節の表面や、中の軟骨を損傷しているというものです。
この障害の慢性化、加齢変化、度重なる椎間関節への圧迫・衝撃によって、椎間関節変性症という椎間関節がいびつに変形してしまうケースも存在します。
さらに、この腰椎ファセットシンドロームの特徴として、腰痛のみならず、これまでの基礎編・中級編で紹介しました腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症のような臀部・鼡径部を含めた下肢の痛みが出現することがあります。
その為に正しい判断と治療が行われずに、状況を深刻化していくケースも少なくないようです。

ここで理解しておきたい点は、この腰椎ファセットシンドロームによる下肢痛は、神経症状ではないということです。
つまり、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症では神経圧迫が起こりえますので、下肢の痛みのみならず痺れや感覚異常を伴うことが一般的ですが、腰椎ファセットシンドロームでは神経圧迫は起こりえない為に、下肢の出現するのは痛みのみであることが多いようです。(※一部例外あり 合併症などから出現する可能性もあります)

このファセットシンドロームから起こる痛みを「硬節痛」といいます。
この「硬節痛」と椎間板ヘルニアなどによる「神経根性疼痛」の違いは一目瞭然です。

特に足の部分に注目してくだざい。上側の図は規則正しく縦に縞模様に配列されています。
下側の図ではまだら模様といいますか、あまり規則性はないようになっています。
上が腰椎椎間板ヘルニアなどの神経根障害で出現する下肢症状の領域、
下が硬節痛の領域です。何番目の腰骨が問題になっているかによって、色分けされています。

このファセットシンドロームはレントゲンなどの画像検査で確認されることが難しいとされ、
筋肉疲労や、一過性の神経痛、下肢痛が強い時は腰椎椎間板ヘルニアと見誤られがちです。

カイロプラクティックの臨床では日常的に扱われる障害です。
カイロプラクターがお話を伺い、詳しくお身体を分析することで適切な処置を受けることができます。

T.ISHIKAWA

次回予告:腰痛の見極め方 上級編2「仙腸関節症候群について」

富山県富山市の国際基準取得カイロプラクティック・整体は石川カイロプラクティック