JUGEMテーマ:健康

今日のテーマは「上部胸椎症候群」です。正式な名称ではありませんが、肩こりや緊張性頭痛の根本的な原因となる上部胸椎におけるトラブルの総称として扱います。上部胸椎とはその名の通り胸椎の上部という意味ですが、首と背中の境目にあたる背骨を指します。後ろの首筋を頭の後ろから撫でていくと、首の一番下あたりで骨がボコッと飛び出ているいるような部分があります。これが上部胸椎にあたる部分です。正確には首と胸の境目という表現で頚胸移行部という言い方もあります。
現代人は特に、この上部胸椎に負担をかけやすい姿勢を強いることが多いと思われます。パソコン、スマートフォンこれらすべて、下を見続ける姿勢はこの上部胸椎を一つの大きな「支点」とするものであり、次第に上部胸椎の変位を生じることになります。変位とは歪み・ズレのことです。頚が前傾し、いつも顔を前に突き出したような猫背の姿勢をしてします方は、この上部胸椎が正しい位置を保てなくなっていることが少なくありません。上部胸椎は、首の骨の土台として、比較的サイズの大きな骨ですが、この土台が慢性的な不良姿勢により、背中側にズレてくる場合が多く見受けられます。それはまるで、背中の上部にコブができているようだと表現することから、「バッファローバック」という呼び名があります。

上部胸椎自体の働きは頚椎の土台役ですので、一度悪循環に陥ると、簡単にストレッチをすることなどで改善することは難しいでしょう。カイロプラクティックではこの上部胸椎の歪みを修正し、患者さんご自身に不良姿勢をしないよう意識していただくことで、根本的な改善を図ります。さらには上部胸椎の影響が下部胸椎・骨盤・足首へと連鎖していることも少なくありません。

さらに「クラックハビット」という悪い習慣があります。これは、自分の関節を自らゴキゴキと鳴らすクセのある方です。中でも首を捻じったり勢いよく回したりして、ゴキゴキ音を鳴らすと、頚椎の関節(頚椎骨と頚椎骨のつなぎ目)の適度な固定力が弱まり、筋肉に悪影響を及ぼして上部胸椎の大きな負担をかけることになります。
首の関節を鳴らすクセがある方は、今すぐその習慣をやめるべきです。その時は確かに気持ちがいい、すっきりとする感覚があるかもしれませんが、これは大きな間違いです。クラックハビットのある方の頚椎は触診すると不自然な柔らかさといびつな骨の配列、さらに深部の筋肉が浮腫んでいるような感触があり、触診すると特徴的にすぐ解かるものです。それだけ通常の頚椎とは違うものになるということです。

クラックハビット⇔肩こりがする⇔クラックハビット⇔頭痛がする⇔クラックハビット⇔首の違和感⇔クラックハビット
このような悪循環に陥っている方は、ある意味中毒状態といえます。カイロプラクティックによる適切な治療を受け、クラックハビットから卒業しない限りこの悪循環は止まりません。いつか…の改善ではなく、今改善すべきことです。

次回予告:頭痛・肩こりの見極め方 中級編3 「胸郭出口症候群とは」

T.ISHIKAWA

富山県富山市の国際基準取得カイロプラクティック・整体は石川カイロプラクティック