JUGEMテーマ:健康

腰痛の見極め方シリーズ、中級編スタートです。
今日扱うテーマは「腰の椎間板ヘルニア」についてです。

皆さん一度は耳にしたことがる「ヘルニア」という言葉。
これは本来あるべき位置から脱出した状態を意味します。
ヘルニアには椎間板ヘルニア、鼡径ヘルニア、食道裂孔ヘルニア、脳ヘルニアなど
ヘルニアを起こした部位によって様々なものがあります。

では、今回のテーマである椎間板とはどんなものなのでしょうか。
椎間板は、背骨と背骨をつなぐ軟骨で、緩衝材としてのクッションの役割をしています。
軟骨というのは骨よりも軟らかいゼリーのようなものをイメージしてください。
背骨は正式には「脊椎」といいますので、脊椎と脊椎の間にある板状のものという意味で「椎間板」と呼びます。

腰椎椎間板ヘルニアは腰痛の代表的な原因の一つです。
腰が痛くて病院に行ったとき、先生から「ヘルニアですね」と言われるケースは少なくないようです。
腰椎と腰椎の間の椎間板が、度重なる負担によってヘルニア=飛び出しているわけです。
それが腰痛をおこし、すぐそばにある坐骨神経を圧迫していれば辛い坐骨神経痛が伴うのです。

今のところ、そのような診断を受けた場合は保存療法といって、牽引治療や温熱療法、電気療法などが病院で行われます。
場合によっては冷シップと痛み止めの薬を処方されて、「自宅で安静に」なんてこともあります。
もしも腰の筋肉疲労程度であれば、数日安静にすれば回復することも十分ありますが、本当に椎間板ヘルニアであった場合、早期の改善はなかなか難しいでしょう。

しかし、そう簡単に手術ということにはなりません。重症例ではすぐさま手術が決定することもあるでしょうが、手術の適応になるものの基準は、通常の生活を送ることが困難な重症例、もしくは耐えられない強すぎる痛み、痺れです。また、悪化すると合併症を起こす可能性があるときは手術がベストの選択ということもあります。

結果、手術を行って普段の生活に戻れるようになり、辛い痛みから解放されれば大成功です。
しかし、手術は実施されない、でも安静にしていても良くならない、そんな状態の患者さんが非常に多い現状があります。
これまで、このような状況におかれた患者さんの相談・治療に当たってきました。

大切なことは、患者さんにとって最も適切な処置が行われることです。
手術を受けるか悩んでいる方、安静にしていても改善が見込めない方、相談できる専門家がいます。
きちんと医学を学び、経験を積み、病院での治療・手術以外の可能性を学んだカイロプラクターが日本にもおります。
そのカイロプラクターは、最も適切な処置が手術だと判断すえば、適切な医療機関を紹介してくれます。
また、カイロプラクティックが最善の方法であると判断すれば、患者さんの為に全力で最良の治療を提供してくれるでしょう。
我々カイロプラクターが腰椎椎間板ヘルニアの患者さんを診察した時、そもそも「これはヘルニアではないのでは」という可能性だってあるのですから。

次回予告:腰痛の見極め方 中級編2「骨盤矯正の真実」

T.ISHIKAWA

富山県富山市の国際基準取得カイロプラクティック・整体は石川カイロプラクティック